インプラント

  1. HOME
  2. インプラント

日本口腔インプラント学会専門医
Dr.鳥居 精密デジタルインプラント治療

当院では、日本口腔インプラント学会インプラント専門医の鳥居が、25年のキャリアのもと、自分のキャリアだけに頼らず、デジタルコンピューター支援(ノーベル社、シロナ社、ストローマン社の世界三大企業)のもとに信頼性の高い確かなインプラント治療を行っております。

インプラントオーバーデンチャーのさまざまなアタッチメントの考察

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、失った自分の歯のかわりにインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。

人工歯根や人工歯はしっかり固定されるため、治療後はガタつくこともなく、まるで自分の歯のように噛めるのが特徴です。
人がものを噛む力は想像以上に大きく強いものですが、インプラントなら噛む機能が改善され、ストレスなく食事を楽しむことができます。

ただ、慣れるまで多少、違和感をもたれる方もいらっしゃるかも知れませんが、時間が経てば自分の歯と同じ感覚で生活することが可能になります。
当院では最新の歯科技術を駆使して、年間100本以上のインプラント治療を行っています。
それは高い技術が多くの患者様に信頼されている証拠だと思っています。
歯冠の色や形も天然の歯と同じように作製できる技術も、たくさんの実績を積み重ねた証だと自負しております。

インプラント治療が高額であることとその妥当性について

インプラント治療とは

インプラント専門医だからといって、推し進めるということは決してせず、全ての考えられる治療法の選択肢(欠損のまま.ブリッジ、義歯、インプラント)を説明し、その中からご自身で選んで頂いた上で行います。

インプラント体はさまざまな補綴物を支える土台となる重要なものであり、歯を失った原因を追求し、プラークコントロールと一人一人に合った正しい噛み合わせを考えてインプラント治療を行う必要があります。

インプラント治療の費用をお安くする術が1つの社会問題となっていますが、国立大学病院でインプラント体1本埋入するのに40〜45万かかるように、当院も大学病院と同じレベルの治療を行うため、40万(35万+ct撮影代デジタルコンピュータ支援代)の費用がかかります。

インプラント治療のリスクについて

インプラント治療とは

リスクとは、ある行動に伴って、危険に遭う可能性や損をする可能性を意味します。
ムシ歯、歯槽膿漏治療を含む全ての歯科医療行為に対してリスクが伴い、それについて患者さまにしっかりとご説明する必要がありますが、患者さまが周知のことに関しては割愛させていただくことがほとんどです。ただし、インプラント治療においては、高額であること、患者さまの期待値の高さ等の理由であえて起こりうることのごくまれなリスクに対して、全ての患者さまに同様にご説明をさせていただいております。

現在、European Academy of Osseointegration(EAO)のレビューにおいて、「インプラント治療後の5〜10年間で、インプラント周囲炎の罹患率が10パーセント近くにのぼるり、さらにインプラント周囲炎の兆候ともなるインプラント周囲粘膜炎については、治療後11年でインプラントの59パーセントが罹患率 している」と報告され、その治療と予防は急務となっております。だからこそ、患者さまがしっかりと研修を受けた歯科医療機関をお選びいただくことこそが重要になってくるわけです。

25年以上のキャリアを持ったインプラント専門医が治療を行います

理事長の鳥居はキャリア25年のインプラント専門医

鳥居は、東京医科歯科大学大学院生から東京医科歯科大学教官までの期間に、当時まだ認知度の低いインプラントに関する研究を解剖組織学的見知から研究してまいりました。さらに、日本口腔インプラント学会、日本口腔インプラント臨床研究会に古く在籍し、論文や学会発表、勉強会発表、書籍執筆など幅広く活躍してまいりました。また、10年程前から、磁石インプラント入れ歯(田中譲治先生 に教授)、オールオンフォー(ポルトガルのマロー先生のもとで研修)、などこれまでの最新と言われる全ての治療に精通してまいりました。

正確な診断のために歯科用CTを使用しています

マイクロスコープを導入しています

最適な治療を行うためには、まず正確な診断が必要になります。当院では歯科用CTを用いて、顎の骨を3次元画像で立体的に患部の情報を確認しています。従来の2次元のレントゲンでは撮影することが出来なかった細かな箇所も確認することが出来るため、その人に合った最適な治療法を選ぶことが出来ます。

マイクロスコープでより精密な治療を

マイクロスコープを導入しています

マイクロスコープとは歯科で使われる顕微鏡のことです。マイクロスコープを使用することで、患部を大きく正確に口の中を観察することが出来ます。当院ではマイクロスコープを2台完備しており、インプラントなどの精密な治療を行う際には全てマイクロスコープを用いて治療を行っています。

サージカルガイドを使用した安心の治療

当院でら全ての患者さまに対して、サージカルガイド(デジタルコンピューター支援インプラント埋入誘導装置)をしようしております。

シロナのSICATサージカルガイドについて

当院では正確で安全な治療を行うため、「サージカルガイド」を使用しています。症例に合わせて以下のガイドを使い分けています。

シロナのサージカルガイドについて

シロナ社の歯科用CTで撮影したデータとシミュレーションソフトを連動させ、三次元的で精密な診断を元に正確な埋入位置を決定することができます。そのデータを利用して、より精度の高いサージカルガイドを製作しています。

ノーベルガイドシステムについて

の下に下記の導入文を追加してください。

ノーベル・バイオケア社製「ノーベルガイド」のコンピュータ制御によるインプラント治療を行っています。
これまではドクターのスキルと技術で行っていたインプラント治療を、最新のシステムと設備を取り揃えてコンピュータ制御および数値化することにより、誤差のない診断が可能になりました。
患者様への負担が軽減される確実な治療です。

この治療法は「インプラント治療はこわい」と思われる患者様のイメージを払拭することにつながると自信を持っておすすめします。

ノーベルガイドシステムによるインプラント手術のメリット
メリット
その1
正確なシミュレーション、エビデンスに基づいた安心で安全な精密インプラント手術を行えます。
メリット
その2
フラップレス(歯茎を切らない)インプラント治療が可能になることによって、患者様の体への負担が軽減されます。
ガイド手術による正確なシミュレーション

通常のインプラント治療では、歯科用CT撮影による事前の診断を行うことは当たり前になりました。
しかし、実際の手術はあくまでシミュレーションを参考にし、人の手と目で慎重に行います。

設計時

設計時

  • 青い線…インプラント埋入予定の位置とインプラント
  • 黄緑の丸…絶対に傷つけてはいけない神経の位置
  • インプラントのまわりの黄色い線…医院が設定しているインプラントの安全域

(インプラント周囲2mmを設定し、この中には神経や血管を入れないように設計する)
熟練の歯科医師はシミュレーション通りに埋入しますが、患者様はその歯科医師がどれぐらいの技術を有しているかはわかりません。
また、熟練した歯科医師でも全部の治療を完璧に行えるともかぎりません。

損傷する可能性がある位置

損傷する可能性がある位置

上と下の写真を見比べてみてください。
先端の誤差はたった1.5mmですが、実際の手元は0.5mmほどです。
このようなケースに遭遇し、ヒヤリとする歯科医師は少なくないのです。
もし神経を傷つけてしまったら、しびれや痛みが出てしまい大変なことになります。
また血管を損傷すると、死亡事故にもつながりかねないのです。

正確なノーベルガイドを使用した手術は安全で安心です

正確なノーベルガイド手術は安心で安全です

ノーベルガイドはシミュレーション通りの角度にしかドリルを進めることができず、深さも定位置までくるとストッパーが働き自動的に止まります。
正確かつ安全といわれるのは、このような性能があるからです。
当院では、ノーベルガイドシステムを使って精度が高い安心で安全なインプラントの手術を行っています。

インプラント治療の流れ

STEP1 カウンセリング

高額治療であることとその妥当性とリスクにつうて、しっかり説明します。

STEP2インプラント治療の準備からインプラント体埋入まで

埋入までの期間については、次の通りです。

長期間歯の無い状態の場合は即時、抜歯後すぐの場合は2ヶ月、骨補填した場合は最長半年経ってからインプラント体の埋入を行います。

インプラント体埋入までに徹底したブラッシング指導の徹底(PCR10パーセント以下)を行います。

1ヶ月前に、当院にてcT撮影、口腔内サージカルテンプレート(デジタルコンピュータ支援インプラント埋入誘導装置)作製のための口腔内スキャンもしくは型取り、体温、心拍数、血圧、spo2検査、口腔内写真撮影を行います。

さらに1週間前に、オペ前カウンセリング、サージカルテンプレートの試適、インプラント埋入手術説明を行い、治療計画書のお渡しした上で、手術金のお支払い(事前お振込み可)いただきます。

STEP3待機期間

3〜6か月、インプラント体と骨がしっかりくっつく(オッセオインテグレーション)まで待ちます。

場合によってはインプラント埋入後すぐに仮歯入れるケースもありますが、リスクは高まります。

STEP4 2次手術および歯の作製

症例によっては2次手術という歯茎の中からインプラントの上面を出す処置を致します。その場合は2週後に歯の作製に入ります。

歯の作製においては、歯をビデオで撮影するデジタル方式と通常の型取りで作製する方法があります。歯の構造や材料の質は数100通りあり、その歯その歯に最も適した方法と材質を選択致します。

歯の作製に関する大事なポイント

・インプラント体から歯への移行形態

・メンテナンスのしやすい形態

・材質の違いにおけるプラークの沈着度の考慮

・噛み合わせ(当院においてはデジタル顎運動測定器と精密な仮歯により)

・色(クリスタルアイとリンク)

当院の歯の作製においては複数のトップブランド社のシステム(ノーベル、シロナ、DTI)を使って、当院のデジタル解析装置と当院の技工室と六甲歯研のコラボレーションにより成り立っています。

STEP5 インプラント体と歯の仮スクリュー留め

STEP6 3ヶ月後に本スクリュー留め

STEP7 メンテナンス

治療後はメンテナンスが大切です

インプラント周囲炎について

インプラントは人工物なので、そのものはむし歯にはなりません。
ただし毎日のケアを怠ると、インプラントのまわりに汚れが付着し、歯周病に似たインプラント周囲炎を起こしてしまうことがあります。

インプラント周囲炎は、最初に歯茎が炎症を起こし、次にインプラントを支えるまわりの組織や、顎の骨が壊れていき、そのまま放置すると最悪の場合はインプラントが抜け落ちます。
インプラントのまわりは抵抗力が弱く、炎症が進行しやすいため、天然歯よりも歯周病がより急速に広がり、重症化しやすいのです。
インプラントを長持ちさせるためにも、定期的に通院しメンテナンスすることが大切です。

当院のインプラント治療について

当院では「顎の骨が足りない」などの理由でインプラントを断られてしまった患者様に対しても、対応可能な場合もございます。
最新の機材と、高度な技術で年間100本以上のインプラント治療を行う当院に一度ご相談ください。

インプラント治療
抜歯即時埋入
抜歯即時埋入
抜歯をした当日にインプラントの埋入を行う手術です。
1日で終了するので、治療期間も短縮できます。
特殊な手術のため、患者様の状況によっては適用できない場合があります。
インプラント オーバーデンチャー
インプラント オーバーデンチャー
入れ歯を固定する方法のひとつとして、インプラントを使います。
通常の入れ歯よりズレや違和感が軽減されます。
フラップレス
フラップレス
歯茎を切開せず、数ミリの穴をあけてインプラントを埋入する治療です。
痛みや腫れを抑えることができます。
サイナスリフト
サイナスリフト
上顎の骨が少ないときは、歯茎の側面を切開し、人工骨やご自身の骨を移植して骨の量を補います。
ソケットリフト
ソケットリフト
歯茎の切開はせず、インプラントを埋入するための穴から、上顎洞を押し上げて、人工骨や自家骨を移植します。
GBR
GBR
歯茎の骨が少ない箇所を切開し、メンブレンという膜を埋め込みます。
スペースを空けることで、骨の再生を促すことができます。

ページトップ

  • 麻布十番歯科
  • 麻布十番メンタルケアクリニック
  • DECOLLTE TOTAL BEAUTY ASHIYA
  • Acanthus
  • 歯科タウン
  • facebook
  • 顕微鏡歯科.COM
  • Nobel Smile™
Copyright © 医療法人社団 悠和会北野坂鳥居歯科医院. All Rights reserved.