最新機器について

  1. HOME
  2. 最新機器について

当院の最新機器についてABOUT THE MOST UP-TO-DATE EQUIPMENT OF OUR HOSPITAL

神戸市三ノ宮の歯科医院「北野坂鳥居歯科院」では、最新の機器を取り揃えて患者様の治療にあたっております。
正確な病状の把握と、そして的確で安全な治療を行うためには、最先端技術は必要不可欠だと考えております。
このページでは、当院が誇る最新機器と、その利用目的について紹介していきたいと思います。

美しく正確、精密な歯科技工物をご提供するための設備

歯科医院と歯科技工所との連携がリアルタイムに行えるシロナコネクト

シロナコネクト

当院では、口腔内スキャニング、CT、SICAT Function(デジタル顎運動解析装置)をコネクトすることが可能なシロナコネクトを導入致しました。
これにより、技工所との連携がより強化され、より精度の高い正確な技工物をご提供することが可能になりました。従来の印象採りとは違い、レーザースキャンを使用して印象データを採得するため、時間経過による歯型の精度低下が解消されるだけでなく、即時に印象データが3D模型データに変換されるため、インターネットを介して技工所へ即座にデータを送信することができ、時間のロスを軽減することも可能となります。

精密診断を実現する歯科用CT GALILEOS Comfort PLUS

顎口腔の解剖学的情報をとらえるインナースキャナーとして精密な診断を実現し、治療計画用ソリューションへとつなげることができる最先端の歯科用CTです。

画像診断からフェイススキャンはもちろん、SICAT Function(デジタル顎運動解析装置)と連携させることで、記録した顎運動をCT上で可視化したり、サージカルガイドと連携させることで、より正確にインプラント埋入を行うことが可能となります。

歯科用CTの必要性
歯周病 顎の骨(密度や形)を立体的に把握することが可能です。
これにより歯周病の進行状態を正確に診断できるだけでなく、効果的な治療計画もご提案可能になりました。
根管治療 歯の神経や血管が入っている根管はとても細くて繊細かつ複雑な形状をしています。
歯科用CTを使うと、根管状態を正確に把握できるため、スムーズに治療を行えます。
親知らずの抜歯 親知らずは、歯ぐきに埋まっているので、目視で状態を確認するのが難しいといえます。
歯科用CTを使うと、歯の位置や向き。
そしてまわりの神経や血管を三次元で確認できるので、安全に抜歯を行えます。
デジタル顎運動解析装置 SICAT Function

SICAT Functionは日本の歯科医院で数台しか導入されていない、顎の運動解析をデジタル化する世界初の3Dソリューションソフトです。当院ではSICAT Functionを日本でいち早く導入し、日々の歯科治療に活かすのはもちろん、口腔内スキャニング、GALILEOS Comfort PLUSと融合することで、顎関節症の診断を行い、体に合った緻密な治療に役立てています。

SICAT Functionによる無呼吸症候群の治療へのアプローチ

SICAT Functionを用いることで、顎運動をCT上で可視化し、軌道が開いた状態を把握できるため、より精密なオーダーメイドのスリープスプリントを作ることができ、読無呼吸症候群の治療に役立てることもできます。無呼吸症候群とは、軌道が閉塞してしまい、呼吸が止まってしまうことで起きます。この無呼吸症候群になってしまうと、睡眠が妨げられ、体の疲れが取れず、日常生活にも支障をきたしてしまう恐れがあります。この技術を用いれば、良好な呼吸と睡眠を得ることが可能となります。

SICAT Functionを動画で体験
短時間で高精度なかぶせ物を製作するセレックシステム

セレックとはコンピュータを使って設計し、短時間で高精度なかぶせ物を製作するシステムです。セラミック素材を用いますので、天然歯のように高い審美性と耐久性を揃えたかぶせ物を製作することが可能です。また、コンピュータで設計するため、高精度なかぶせ物を制作でき、虫歯などの予防にも繋がります。

セレッ_01

セレック_02

マイクロスコープ2台完備

マイクロスコープ

マイクロスコープを使うと、肉眼の2倍から24倍に拡大して患部を見ることができるのでより正確で安全な治療を行うことができます。

当院はマイクロスコープを2台完備しており、1台は世界最高峰の老舗メーカー「カールツァイス」のマイクロスコープを導入し、ルーペでは確認しにくい箇所も、広視野で立体的なイメージでつかみながら処置。また接眼レンズと同軸落射照明により、微細なところまでしっかりとわかるので、手術もしやすく、精度もさらにアップします。もちろん保険診療適用なので追加料金は発生しません。

超高倍率(x10)サージテル

ドックスベストセメント

当院では数ある拡大鏡の中でも高性能でトップブランドであるサージテルを導入しています。また、そのサージテルの中でも高倍率のライト付きのものを常に身につけています。サージテルを使用することで精密かつ正確に治療が行えます。また一般的には2~4倍のサージテルを使用されますが、当院では10倍のサージテルを使用し、より精密な治療を行っています。

クリスタルアイ

クリスタルアイ

歯の色を判定は、シェードガイド(歯の色の見本)を使って目視で行っていますが、微妙な色判定には時間がかかります。
補綴物(被せ物、差し歯)製作のための技工指示書に記載する際、歯科医院と技工所の間で正しい色情報を伝達するのが難しいなどの問題を解消するため、当院では7バンドLED光源を用いたクリスタルアイを取り入れています。

一般的な3バンド(RGB)方式を超える色差認識能力をデータ分析でき、微妙な色判定へのサポートが可能になったのです。

多原色表示

多原色表示

マルチスペクトル撮影

マルチスペクトル撮影

マルチスペクトル撮影と多原色表示の概念

表示装置の色再現の範囲(色域)は表示する各原色の囲む範囲となるのです。
RGB表示装置では三角形となり人間の眼が知覚できる色域の一部しか表示できないため、彩度の高い色を再現することが不可能です。
多原色表示を利用することで表示装置の色域を多角形とし、人間の眼が知覚できる色域に近づけることが可能となります。

STEP1

STEP1

クリスタルアイで診断し、大画面スクリーンでデータをわかりやすく説明します

STEP2

STEP2

クリスタルアイのデータをもとに、一番自然な歯の色を決定します

STEP3

STEP3

さらにホワイトニングでの治療後の歯の色を確認できるので、より自然な歯が選べます

ダイアグノデントペン

ダイアグノデントペン

ダイアグノデントペンはレーザーの光を、歯面に照射することによってむし歯かどうかを診断する機械です。
特に歯の隣接面や、エナメル表面下の隠れた場所、被せ物の中など、見ただけではわからない場所にあるむし歯を見つけだします。

消毒・滅菌を行うためのデンティスター

AED

最近、機器の使いまわしなどによる感染リスクなどがテレビで報道されていますが、当院では患者様に「安心・安全」な治療をご提供するために可能な限り滅菌・消毒処理を行っています。治療器具だけでなく、ハンドピースという歯を削る歯科用ドリルについても毎回消毒・滅菌するためにデンティスターを使用しています。

ハンドピース内部にはお口から出血した血液や唾液が器具内部に逆流する場合があり、消毒・滅菌を怠ってしまうとハンドピース内部で血液は固まってしまい、洗浄をしても落ちにくくなってしまいます。もし、そのまま使い続けると血液などによる感染リスクが高まり、B型肝炎などの感染にもつながりかねません。

そういったリスクを無くすために当院では消毒・滅菌を徹底していますので、安心して歯科治療をお受けください。

AED

AED

私たちはいつ、どこで、突然の病気や怪我に襲われるか分かりません。歯科医院でも待合室や診療室内でいつ不慮の事態が起こるかもしれません。その思いからAEDの必要性を感じ、当院でも導入することとなりました。

ドックスベストセメント

ドックスベストセメント

ドックスベストセメントとは、虫歯になった箇所に薬を詰めて歯を削らずにミネラルで殺菌する治療です。このドックスベストセメントを用いることで、神経を取るケースが少なくなります。

アネジェクト

アネジェクト

治療時の痛みを和らげる電動式の麻酔器です。注入するスピードをコントロールでき、注入スピードを一定にすることで痛みを抑えることができます。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

歯や金属、プラスチックなどを削る際には、歯の削りかすや金属片、血液、細菌など目に見えない大量の細かい粉塵が飛散します。
そういった粉塵を吸い込むと人体に悪影響を及ぼす恐れがあります。
治療の際に口腔外バキュームを使用することで、目に見えない細かな粉塵などを吸引します。

ページトップ

  • 麻布十番歯科 Oral Care
鳥居歯科東京分院
  • 麻布十番メンタルケアクリニック
  • DECOLLTE TOTAL BEAUTY ASHIYA
  • Acanthus
  • 歯科タウン
  • facebook
  • 顕微鏡歯科.COM
  • Nobel Smile™
Copyright © 医療法人社団 悠和会北野坂鳥居歯科医院. All Rights reserved.