審美歯科・ホワイトニング

  1. HOME
  2. 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科についてABOUT COSMETIC DENTISTRY

兵庫県神戸市三ノ宮の歯科医院「北野坂鳥居歯科医院」では審美歯科、ホワイトニングの治療について、保険診療と自費診療をご提供しています。
当院では患者様にこの両方の治療内容をご説明し、ご納得のうえで治療を受けていただくようにしています。
患者様の中には「自費診療は高い!」と思う方もいらっしゃいますが、身体に優しい素材や見た目を重視した治療は、それだけの価値のあるものとしておすすめしています。

セレックシステムを導入致しました!

セレック治療とはセレックシステムと呼ばれるコンピュータによる設計で製作されたセラミックの修復物を用いた治療のことです。セラミックで作られた被せ物や詰め物のため、見た目も良く、咬み心地も天然歯と同様に自然な仕上がりになります。また、コンピュータによる設計のため、正確で高精度な修復物を製作することができるため、虫歯や歯周病のリスクも少なく安心です。

当院では「セレックシステム」を導入しています

保険診療と自費診療の違いについて

保険診療 日本における保険診療は「国民皆保険制度」で治療費が定められています。
この制度は「悪くなった部分の機能を必要最低限回復させるもの」と定められ、誰でも治療が受けられることを目的としています。
使用できる素材や治療法が限られていますが、保険が適用されるため治療費が高額になることはありません。
自費診療 自費診療は素材や治療法などの選択肢が広く、使いやすさや見た目の美しさなどをより深く追求することが可能です。
治療に使う素材も劣化などが少ないものを使うことができます。
しかし、そのぶん治療費は高額になります。

保険診療と、自費診療どちらかを選択するかは患者様次第です。
歯科医院や歯科医師が強要することはありません。
当院では患者様のご希望を伺い、保険診療、自費診療、最適な方法をご提案しています。
それぞれのメリットと注意点について説明を受けてからご判断ください。

自費診療はこんなところが違います!

1人1人の身体に合った優しい素材

1人1人の身体に合った優しい素材

自費診療では口の中での親和性、噛み合わせの良さ、長く使うための強度などを兼ね備えた身体に優しい素材が選べます。

審美性に優れている

審美性に優れている

保険適用の素材は歯の色合いを再現するのにも限界があります。
その点、自費治療は幅広い候補の中から患者様にあった色を選択でき、しかも変色しにくいので審美的にも優れています。

精密な作業ができる

精密な作業ができる

自費診療なら型取りに使う素材にもこだわることができます。
さらにCAD/CAMという最先端の機械で測定、加工するのでより精密なものができます。

歯科技工士と密な連携

歯科技工士と密な連携

自費治療の素材はより緻密な細工ができるため、当院では経験豊富な歯科技工士と話し合いながら患者様に最適な補綴物(ほてつぶつ)を作製していきます。

精密レジン充填について

むし歯などで歯を削る治療後は、白い詰め物=レジン(歯科用プラスチック)を充填する必要があります。
当院では、あらゆるメリットを考えて、顕微鏡や特別な充填方法によるより精密な自費診療による詰め物をご提供しています。

保険診療のレジン充填
  • 即日修復が可能
  • 費用が安い
  • 天然歯と色を合わせにくい
  • 経年で変色しやすい
  • 肉眼での治療なので精密さに欠ける
  • 肉眼治療のため、健全な部位も多少は余計に削ってしまう
  • レジンを詰める工程が簡素化している
  • レジンを一度に流し込むため、段差ができたり、歯にぴったりと合った詰め物ができにくい
自費診療の レジン充填
  • 天然歯に近い色が再現できる
  • 変色しにくい
  • すべての工程に顕微鏡や拡大鏡を使用するので精密な補綴物ができる
  • 患部以外の健康なところまで削らなくてすむ
  • 時間が経っても境界部分が着色しにくい
  • 薄くレジンを何層にも重ねて詰めていくので、歯にぴったりと合った詰め物ができる
  • 経験豊富なドクターや専門医が治療にあたる
  • 即日修復が可能
  • 費用が高い
精密レジン充填はこんな方におすすめです
  • むし歯を削った穴の修復
  • 劣化、変色、着色した詰め物の審美性改善
  • 保険治療のメタルインレー(詰め物)の審美性改善
  • 破損歯の審美性回復

取り扱い審美素材について

詰め物

むし歯が神経までは達してはいないが患部が深いときは、削って型取りをし、詰め物をします。
当院では保険診療と自費診療、両方の詰め物を用意しています。

パラCK(パラジウムの詰め物)
パラCK(パラジウムの詰め物)
  • 保険診療
  • 主に肉眼で治療
  • 簡単な材料で型取りをする
  • 作製工程が簡素化されている
  • 歯よりも硬い金属を使うため、口内でのなじみがよくなく、歯や骨や周りの組織に負担をかける
  • わずかなすき間からも汚れが入り込み、再びむし歯になるリスクが高まる
  • 銀の詰め物はお口の中で目立つ
ゴールドCK(ゴールドの詰め物)
ゴールドCK(ゴールドの詰め物)
  • 自費診療
  • 保証期間:5年
  • 顕微鏡を使った治療
  • 型取りが精密にできる
  • 削る量が少ないので天然歯を多く残せる
  • ゴールドは柔らかいので、経年使用で天然の歯と同じように形の変化がある
  • すき間なく完全に封鎖することができる
  • 銀よりは口の中で目立たない
パールエステCK(セラミックと樹脂を混ぜ合わせた詰め物)
パールエステCK(セラミックと樹脂を混ぜ合わせた詰め物)
  • 自費診療
  • 保証期間:3年
  • 顕微鏡を使った治療
  • 型取りが精密にできる
  • 天然歯の色に合わせて作製するため、自然な仕上がりになる
  • セラミックと樹脂を混ぜ合わせるので、強度となじみがよく、柔らかさを兼ね備えている
  • 歯と同じ硬さはあるが、咀嚼力が強い場合は、割れてしまう可能性もある(修復は可能)
ゼノスターCK(セラミックの詰め物)
ゼノスターCK(セラミックの詰め物)
  • 自費診療
  • 保証期間:5年
  • 顕微鏡を使った治療
  • 型取りが精密にできる
  • 歯よりも硬いセラミックを使うため、口内でのなじみがよくなく、歯や骨や周りの組織に負担をかける
  • 頑丈で強度があるため咀嚼力の強い場合も使える(ただし割れた場合は修復不可)
  • 明るい白さなので色合わせが難しい(見た目が浮いた感じで目立つ)
自費治療 クラウンについて
ゴールド+ハイブリッドレジン
ゴールド+ハイブリッドレジン
  • 保証期間:8年
咬合 適合 強度 審美
  • 噛み合わせの面にはゴールド(20K金属)を使い、それ以外の部分にはハイブリットレジンを使用
  • 噛合性と強度に優れています。
  • ゴールドはもっとも長期安定が期待できる
  • 作製にはCAD/CAMを使用しない
  • 見た目は自然ではないが、銀よりは目立たちにくい
ハイブリッドレジン+セラミック
ハイブリッドレジン+セラミック
  • 保証期間:5年
咬合 適合 強度 審美
  • もっとも頑丈なセラミックを裏打ちし、表面はハイブリッドレジンを使用
  • CAD/CAMを用いて作製する
  • 透過性がよく、美しい仕上がりになる
  • ハイブリッドレジンは歯と同じ強度だが、噛む力が強い場合に割れてしまう可能性がある
ハイブリッドレジン+チタン
ハイブリッドレジン+チタン
  • 保証期間:5年
咬合 適合 強度 審美
  • 身体に優しい特性を持ったチタンを裏打ちし、表面にハイブリッドレジンを使用
  • CAD/CAMを用いて作製する
  • 透過性が低く、少々濁った白さになる
  • ハイブリッドレジンは歯と同じ強度だが、噛む力が強い場合に割れてしまう可能性がある
ゼノスター
ゼノスター
  • 保証期間:5年
咬合 適合 強度 審美
△~○
  • セラミックでもっとも頑丈である
  • CAD/CAMを用いて作製する
  • 強度はあるが、噛み合わせのなじみはやや劣る
  • 明るい白さが少々浮いた感じに目立つ
  • 被せる前に適合をチェックする必要がある
エンジェルクラウン
エンジェルクラウン
  • 保証期間:1年
咬合 適合 強度 審美
  • 弾力性のあるセラミックを使用
  • CAD/CAMを用いて作製する
  • やや強度には欠け、割れてしまう可能性がある
  • 歯の色調を再現する数が限られる

ホワイトニングについてABOUT WHITENING

ホワイトニングには大きくわけて歯科医院で処置するオフィスホワイトニングと、自宅で継続して行うホームホワイトニングがあります。
この二つを合わせて行うデュアルホワイトニングは、高い効果が期待できます。
当院では患者様それぞれにあった治療法をご提案させていただき、治療にあたっております。
ぜひホワイトニングをお考えの方は当院へご相談ください。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングの3種類があります。

オフィスホワイトニングとは
オフィスホワイトニングとは
歯科医院で行うホワイトニング処置です。
歯の表面に高濃度の専用薬剤を塗布し、特殊な光をあて歯を漂白していきます。
短時間で効果を得られるので、近日中に大切なイベントを控えている方におすすめです。
ホームホワイトニングとは
ホームホワイトニングとは
ご自宅でご自身で行っていただくホワイトニング処置です。
歯科医院で作った専用のマウストレーに薬剤を入れ、毎日一定時間装着して漂白していきます。
効果が出るまで時間がかかりますが、白さを長く維持できるメリットがあります。
デュアルホワイトニングとは
デュアルホワイトニングとは
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するホワイトニング処置です。
双方のメリットを兼ね備え効果を早期に得ることができ、白さを長続きさせることができます。
ガムブリーチ

歯茎の黒ずみが気になる方には、ガムブリーチ(歯茎のメラニン色素除去)をおすすめしています。
歯茎の黒ずみの原因は、遺伝や喫煙、金属の被せ物などいろいろありますが、ガムピーリングが適用できるかどうかは歯科医師がしっかりと診断してご説明します。
まずは一度ご相談ください。
メラニン色素を除去して、健康的なピンク色の歯茎を取り戻しましょう。

ガムブリーチの注意事項

このような場合にはガムブリーチの施術が行えません。

  • 歯周病などで歯茎に炎症がある
  • フェノール、アルコール類の薬剤にアレルギーがある
  • 金属の被せ物が原因で、歯茎が黒ずんでいる
ウォーキングホワイトニング

神経を取り除いてしまった歯は黒く変色してしまいます。
それをもとの歯のように白くする治療法がウォーキングホワイトニングです。
歯の内部にホワイトニング剤を入れ白くしていきます。
1年以上経つと多少黒くなることがありますが、少ない治療で回復するのがメリットです。

当院ではクリスタルアイを使用して補綴物の色味を調整します

クリスタルアイを使用しています

歯の色の判定は、一般的にはシェードガイドを使用して目視で確認をするのですが、微妙な色味の判定には時間を要してしまいます。当院では歯の色を数値化できるクリスタルアイという設備を導入しています。目視では判断し難い微妙な色なども数値化できるので、患者様の歯の色に合った補綴物をご提供できます。

ページトップ

Copyright © 医療法人社団 悠和会北野坂鳥居歯科医院. All Rights reserved.