インプラント治療

*°+鳥居先生の朝の準備+°*

はじめまして!

1月から鳥居先生の助手として勤めさせて頂いてます、鈴木と申します^ ^☆

よろしくお願いします♪

今回は、鳥居先生の朝の準備について書かせて頂きます!

鳥居先生が診療室に入るためには準備が必要です。

まず、常に清潔なユニフォームに着替えます。

私たちは診療室でインカムを使って会話するときが多々あります。

鳥居先生のユニフォームは、特注で機能性に溢れています。

胸にマイクを差し込む穴があり、首を傾けるとボタンを押すことができ、

両手がふさがってても会話できます。

両肩のポケットには簡易ライトと、子供を和ませる用のキャラクターペン、

ピンクの5色ボールペン3本と修正テープが刺さってます。

次に、ルーペ(サージテル)を装着します。

鳥居先生のルーペは、ルーペの中でも最高級で

100万円に近くお値段も最高級です!笑

扱いにくい10倍のルーペを使いこなす鳥居先生!さすがですね^ ^

靴にもこだわりがあり、二股の靴を履いてます。

なぜなら、ペダルとコントローラーを絶妙な力加減で踏むことができ、

高度な治療を施せます。 最後に胸ポケットにガラスバッチ、

放射能検知バッチ、理事長バッチをつけ、外科用キャップ、

マスク、ゴーグルをつけて診療室へ飛び込みます。

時間があるときは、コーヒー片手に日経新聞に目を通され、

日本の経済状況を把握されてます。

監修者  鳥居 秀平  医療法人社団 悠和会 北野坂鳥居歯科医院/理事長

監修者  鳥居 秀平  医療法人社団 悠和会 北野坂鳥居歯科医院/理事長

日本大学松戸歯学部卒業後、英国マンチェスター大学、日本大学大学院松戸歯学研究科で学び、確かな技術を習得。東京医科歯科大学歯学部文部教官、東京医科歯科大学付属歯科衛生士学校講師を務め歯科医師、歯科衛生士の育成にも貢献。日本口腔インプラント学会専門医、アジア口腔インプラント学会認定医として質の高いインプラント治療を行うだけでなく、日本インプラント臨床研究会、日本顕微鏡歯科学会、日本審美歯科学会、日本構造医学会 日本デジタル歯科学会に所属し、常に自己研鑽に努めながら、幅広い分野の歯科治療を行っている。

理事長紹介はコチラ >>