インプラント治療

☆白いつめもの研修☆

歯医者 三宮 三ノ宮 白いつめもの  コンポジットレジン修復 ダイレクトボンディング

こんにちは(^^)

先日、東京医科歯科大学で行われた虫歯治療の基本である白いつめもの(コンポジットレジン修復 ダイレクトボンディング)に関する実習に、鳥居先生と麻布十番歯科オーラルケアに勤務する先生方が参加されました。

小さい虫歯などは削ったあとに白いつめもので修復します。

口腔内はとても小さな空間であり、白いつめものをしっかりと行うには技術も必要です。

今では様々な材料や道具がでてきているため、これらを駆使してつめものをしていきますが、やはり人の手によって行われるため訓練と技術の習得はとても大切です。つめものに段差が生じてしまうとその部分にプラークがつきやすくなったり、虫歯になりやすい環境になってしまったりしてしまいます。

医療材料や技術は日々新しいものが研究され進化しておりますのでそれを当院でも取り入れ、患者さまに提供できる環境を心がけております。今回の研修もそのひとつです。

治療に関してご質問等ございましたらいつでもご相談ください。

 

☆白いつめもの研修☆

監修者  鳥居 秀平  医療法人社団 悠和会 北野坂鳥居歯科医院/理事長

監修者  鳥居 秀平  医療法人社団 悠和会 北野坂鳥居歯科医院/理事長

日本大学松戸歯学部卒業後、英国マンチェスター大学、日本大学大学院松戸歯学研究科で学び、確かな技術を習得。東京医科歯科大学歯学部文部教官、東京医科歯科大学付属歯科衛生士学校講師を務め歯科医師、歯科衛生士の育成にも貢献。日本口腔インプラント学会専門医、アジア口腔インプラント学会認定医として質の高いインプラント治療を行うだけでなく、日本インプラント臨床研究会、日本顕微鏡歯科学会、日本審美歯科学会、日本構造医学会 日本デジタル歯科学会に所属し、常に自己研鑽に努めながら、幅広い分野の歯科治療を行っている。

理事長紹介はコチラ >>