インプラント治療

インプラント治療が高額であることとその妥当性について

インプラント専門医だからといって、推し進めるということは決してせず、全ての考えられる治療法の選択肢(欠損のまま.ブリッジ、義歯、インプラント)を説明し、その中からご自身で選んで頂いた上で行います。

インプラント治療が高額であることとその妥当性について

インプラント体はさまざまな補綴物を支える土台となる重要なものであり、歯を失った原因を追求し、プラークコントロールと一人一人に合った正しい噛み合わせを考えてインプラント治療を行う必要があります。

インプラント治療の費用をお安くする術が1つの社会問題となっていますが、国立大学病院でインプラント体1本埋入するのに40万~45万かかるように、当院も大学病院と同じレベルの治療を行うため、40万程度(35万+ct撮影代デジタルコンピュータ支援代)の費用がかかります。