インプラント治療

約30年のキャリアのインプラント専門医が治療を行います

鳥居は、東京医科歯科大学大学院生から東京医科歯科大学教官までの期間に、当時まだ認知度の低いインプラントに関する研究を解剖組織学的見知から研究してまいりました。

さらに、日本口腔インプラント学会(会員番号2094 1995年入会)、日本口腔インプラント臨床研究会に古く在籍し、論文や学会発表、勉強会発表、書籍執筆など幅広く活躍してまいりました。

約30年のキャリアのインプラント専門医が治療を行います

また、1994年より、インプラント治療で大変著名な田中譲治先生に享受し、All-on-4(ポルトガルのマロー先生のもとで研修)など、これまでの最新と言われる全ての治療に精通してまいりました。

現在はコンピュータ支援治療のトップダウントリートメントの考え方を取り入れた、精密デジタルインプラント治療を行っております。トップダウントリートメントとは、実際に咬み合わせをする歯の部分を、デジタル顎運動器や口腔内スキャン、CTのデータをもとに、精密にコンピュータ上でデザインし、精度の高いサージカルテルテンプレート(ノーベルガイド、シロナデンツプライを用いた自院で作製するテンプレート)を使用して、そのデザインされた歯と骨やその他の組織に最も調和のとれたインプラント体の選択、そしてインプラント体の位置、方向、長さ、太さを、決めていきます。

このシステムを用いることで、インプラントを短時間で正確な位置に埋入することができるため、私たち術者は、安全で確実な、患者さんへの負担の少ない、安心な、精密デジタルインプラント治療を提供することができます。