インプラント治療

SPTについて☆

 

 

こんにちは、衛生士の菱川です。

2019年もよろしくお願いします!

 

さっそくですが皆さんSPTという言葉をご存知ですか?

SPTとは”サポーティブぺリオドンタルセラピー”の略で重度の歯周病の方の病状安定を維持するために行う定期的な治療等のことです。

患者さんご自身でのブラッシングや医院でのクリーニングももちろん重要ですが、重度の歯周病改善には生活習慣の改善も必要になってきます。

SPTの場合は特に管理が大切になってくるので患者さんを担当制で診させいただくことが多いです。そうすることで経過をしっかり診ることができますし患者さんとのコミュニケーションも増え、そこから日頃の習慣も伺うことができるのでより病状の回復や維持に繋げることができていると思います!

 

歯を少しでも長く残すために大切な治療・検診になるので覚えていただけると嬉しいです^ ^

 

監修者  鳥居 秀平  医療法人社団 悠和会 北野坂鳥居歯科医院/理事長

監修者  鳥居 秀平  医療法人社団 悠和会 北野坂鳥居歯科医院/理事長

日本大学松戸歯学部卒業後、英国マンチェスター大学、日本大学大学院松戸歯学研究科で学び、確かな技術を習得。東京医科歯科大学歯学部文部教官、東京医科歯科大学付属歯科衛生士学校講師を務め歯科医師、歯科衛生士の育成にも貢献。日本口腔インプラント学会専門医、アジア口腔インプラント学会認定医として質の高いインプラント治療を行うだけでなく、日本インプラント臨床研究会、日本顕微鏡歯科学会、日本審美歯科学会、日本構造医学会 日本デジタル歯科学会に所属し、常に自己研鑽に努めながら、幅広い分野の歯科治療を行っている。

理事長紹介はコチラ >>